コスメはランキングで知ろう|ミネラルファンデーション選び

女性

化粧品で乾燥を防ぐ

化粧品

2種類を使い分ける

収れん化粧水は、アルコール成分が配合されていてさっぱりタイプの化粧水で毛穴を引き締め、皮脂を抑える働きがありますが、保湿には向いていません。一方保湿化粧水は、保湿成分を多く含んだしっとりタイプの化粧水で、肌に効果的に潤いを与えます。どちらを選ぶかは肌次第ですが、乾燥が気になる人には保湿化粧水が向いています。また毛穴を引き締めたい人でも収れん化粧水はメイク前だけにとどめておき、それ以外は保湿化粧水を使うことをおすすめします。洗顔の後は汚れと一緒に皮脂も取り除かれ、角質の中にある保湿因子も流れ落ち、肌は驚くほど乾燥しやすくなっています。そのまま放っておくと水分はどんどん蒸発して角質の奥から乾燥します。洗顔後は1分でも早く化粧水をつけましょう。

クリームパックでしっとり

肌は乾燥が酷くなると表面を覆っている角質層がめくれて痒くなったり粉を吹いたりします。これは角質層の皮脂や水分が極端に少なくなった状態です。このように酷く乾燥してしまった時におすすめなのが、クリームパックです。やり方は、まず保湿化粧水をコットンに取り十分にパッティングをして肌の奥へ浸透させます。そしてクリームをたっぷりと塗って数分パックするというものです。クリームパックは角質層の奥に潤い成分を閉じ込めて長く保つことができるので肌が潤いしっとりします。但し、自分に合わない化粧水やクリームをつけると肌が荒れるのでご注意ください。またクリームパックを行う際にはくれぐれも刺激の少ない化粧品を使いましょう。